');

thoughtsサスプランニングの思い

コラム

ヴィーガンレザーとは?サスウォーク靴の素材をご紹介

地球や社会の環境を維持するため、世界各国でさまざまな取組が行われています。
ファッション業界もその流れを汲み、サステナブルな素材や環境に配慮したアイテムを使用するケースが多くなっています。
そんな中、サステナブルな素材として注目を集めているのが「ヴィーガンレザー」です。
この記事では、当社「サスプランニング」で販売するサスウォークの靴にも使用している素材、ヴィーガンレザーについて詳しく紹介します。

ヴィーガンレザーとは?サスウォーク靴の素材をご紹介

サスウォークの靴の素材「ヴィーガンレザー」とは?

ヴィーガンレザーとは、人工的に動物の革の繊維構造を再現した、新しい素材です。
「人と地球に優しいファッション」を意味する、エシカルファッションの一部を担うアイテムでもあり、ヴィーガニズムの「動物愛護、動物の権利保護」に基づいて開発されました。
高級ファッションブランドの靴・バック・財布などにも使われています。
ヴィーガンレザーには「合成皮革材」「人工皮革材」の2種類がありますが、サスウォーク シューズで使用しているのは「人工皮革材」です。

ヴィーガンレザーの特徴

ヴィーガンレザーには、主に「合成皮革」「人工皮革」「植物由来のヴィーガンレザー」の3種類が存在し、それぞれに特徴があります。
以下、本革と各ヴィーガンレザーの特徴を紹介していきましょう。

本革 (天然皮革材)

まずは「本革」の特徴について触れていきます。
本革は「天然皮革材」とも呼ばれ、動物の皮を加工したものです。
経年変化による変化が魅力で、きちんと手入れをすれば10年以上使うことが可能です。
動物の皮を材料とするためコストはかかりますが、主に食用肉から取れる皮を利用するため、廃棄物削減の観点で考えると「無駄がない」と考えることもできます。

合成皮革

合成皮革とは、ナイロンやポリエステルの生地に、ポリウレタンや塩化ビニルなどの樹脂を厚くコーティングして、本革に似せたものです。
特徴としては、コストが低く大量生産に向いている点が挙げられます。
また、フィット感やグリップ力に優れ、カラーバリエーションや模様が豊富なことも特徴です。

人工皮革

人工皮革材とは、ポリウレタンとナイロンの微細な繊維を絡み合わせた基布に、ウレタン樹脂を塗布して表皮としたものです。
特徴としては、「耐久性が高くて丈夫」「感触は革のようで肌触りで柔らかい」などが挙げられます。
また、軽くて水にも強い素材です。

植物由来のヴィーガンレザー

その名の通り「植物」を素材とするヴィーガンレザーです。
樹皮や果物など、材料はさまざまですが、最近では「リンゴ」「キノコ」「サボテン」といった、ユニークな植物から作られたヴィーガンレザーが話題を呼んでいます。
特徴としては、原材料が自然由来のため「土に還る」ことが挙げられます。
また従来のフェイクレザーとは異なり、石油を使用しないため、環境への悪影響も少ないなど、持続可能性を実現するエコな素材として注目を集めています。他にも、使い込むことで本革のような風合いが生まれることが特徴です。

ヴィーガンレザーと天然皮革材の違い

続いては、本革(天然皮革材)とヴィーガンレザーの違いについて、紹介します。
ここでは、当社商品である「ショートレッグブレース:SLB装具(両側金属支柱付き下肢装具)」と、靴型装具に使われている天然皮革材とを比較しましょう。

ヴィーガンレザーは軽い

ヴィーガンレザーの魅力は、天然皮革材に比べて、非常に軽いことが挙げられます。
そのため、靴型装具をご使用のお子様だけに限らず、大人でも「重たいから嫌だ!」と思っている方におすすめです。
もちろん耐久性にも優れているため、靴を作るために厚みを出しても、強度を保つことができます。

ヴィーガンレザーは水、汚れに強い

ヴィーガンレザーは天然皮革材とは異なり、水や汚れに強いことが特徴です。
そのため、ヴィーガンレザーの靴は雨の日でも安心して履けます。
また汚れも拭き取ることができるため、お手入れも簡単です。
天然皮革材で作った、両側金属支柱付き装具「ショートレッグブレース:SLB装具」をご使用の方は、雨の日は憂鬱になるでしょう。
加工によって差はありますが、天然皮革材は水に弱く、濡れると染みになりやすい上に、メンテナンスも大変だからです。

ヴィーガンレザーは動物の皮を使いません。

ヴィーガンレザーは、天然皮革の質感や見た目を再現させた素材です。
そのため一切、動物由来の成分は使用していないため、動物愛護の観点からも注目が集まる素材です。

まとめ

ヴィーガンレザーは、軽くて水や汚れに強い、実用性の高い次世代の素材です。
最近では、ヴィーガンレザーを採用する高級ブランドも増えており、近いうちにヴィーガンレザーを使うことが「当たり前」になる時代が来るかもしれません。ヴィーガンレザーを使用した「サスウォーク」の靴は、足にお悩みを抱えている方にもおすすめです。

→サスウォークシューズはこちら

関連記事

  • 下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで 左右両方の足に、または、片方だけ下肢装具を着けても、実寸のサイズに比べ、足長・足幅・足囲が大きくなります。特に、足幅・足囲が大きくなりますので一般で販売している靴では足入れ部分が狭く、足囲が浅いため装具を着けた状態で靴を履くのは中々難しいでしょう。 市販靴の中でもベルトデザインの場合は履き口 […]
  • ダウン症とは?症状や原因・特徴を解説ダウン症とは?症状や原因・特徴を解説 ダウン症は正式名称を「ダウン症候群」といい、染色体の異常が原因となっている先天性の疾患です。1866年にこの疾患の特徴を発表したイギリスのダウン医師の名前にちなんで付けられたといわれています。 私たちの体は約37兆個の細胞からできており、その細胞の核の中には染色体があります。この染色体は46 […]
  • ダウン症は軽度だと気付かない?軽度と重度の違いについてダウン症は軽度だと気付かない?軽度と重度の違いについて ダウン症は、出生時に気付くこともあれば、そのあとの成長に伴いわかる場合もあります。一見すると、ダウン症とは気付かない軽度の人もいれば、合併症のリスクが高い・知的発達が遅いなどの重度のケースもあります。 ダウン症は外見が特徴的であるということが挙げられますが、ダウン症の人すべてがそれに当てはま […]
  • 装具用カバーシューズを手に入れよう。靴の色やデザインを選べるってご存知ですか?装具用カバーシューズを手に入れよう。靴の色やデザインを選べるってご存知ですか? 20年前は装具用カバーシューズを手に入れるのには、本人の意思に関わらず装具業者さんにお任せでした。 今は、一般の靴と同様にネットから好きな色や好きなデザインを選び、お求めいただける靴になっています。 装具用カバーシューズとは 身体に障がいがあって下半身に装具を着けないと自立歩行ができ […]
  • 外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック 外反母趾は、足の親指が何らかの原因で変形してしまうのが特徴です。 そのままにしていると、痛みが出て歩行などに支障が出るなど、歩行や日常生活に支障を及ぼすことがあります。 成人の約30%にその症状が認められているとのことで、身近な足のトラブルのひとつと言えるでしょう。 ここでは、そんな外反母趾 […]
  • ダウン症の人の顔つきはなぜ似ているの?身体的な特徴も解説ダウン症の人の顔つきはなぜ似ているの?身体的な特徴も解説 ダウン症の人の顔つきは、特徴的であって、見たときに「ダウン症かも」と感じますよね。しかも、その顔つきはかなり似通っています。 ダウン症かどうか、顔つきで分かることも多く(ダウン症の人全ての顔つきが同じということではありません)、重ねて身体的な特徴も似ています。 ここではダウン症の人の顔つきを含 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop