');

thoughtsサスプランニングの思い

コラム

大人の外反扁平足の治し方(改善方法)を4つ紹介!

「外反扁平足」や「扁平足」は、子供に多い印象を受ける症状ですが、大人でも発症する可能性があります。

扁平足が疑われるような症状があっても、早期発見と医師の適切な治療を受けられれば、問題はありません。しかし、症状を放置し重症化させてしまうと、手術の可能性もある怖い病気なのです。外反扁平足を防ぐには、扁平足の症状がどういう状態で、どんな対策を行う必要があるのか知っておかなくてはなりません。そこで、扁平足がどういう病気なのか、予防と改善に役立つ知識や、扁平足の足を支える補正シューズをご紹介します。足元の健康を守るために、ぜひお役立てください。

外反扁平足・扁平足とは


内側のくるぶし下に足裏を引っ張る筋肉があり、釣り上げてアーチ状にすることで、足にかかる体重を支えています。
この筋肉が何らかの原因で衰えたり断裂すると、足裏に負荷がかかるようになり、痛みや歩行障害などが発生するのです。
足が扁平足になると、かかとが外側を向くようになり、後ろから足の指が見えるようになります。このかかとの変形は、扁平足を見極める際のサインです。治療ではかかとの腱をMRIで検査し、断裂や損傷がどれくらいあるか見極め、それに合わせた治療を行います。

 

大人でも発症する「成人期扁平足」


扁平足はまだ足の筋肉が発達していない、子どもに多い症状の印象がありますが、大人でも発症する可能性があります。

【成人期扁平足の代表的な原因】
・生まれつき足のアーチが低い
・老化や運動不足による筋力低下
・肥満による負荷の増加

足のアーチは人によって形が違い、生まれつきアーチが浅い人もいます。
子どもの頃は異常がなくても、大人になるにつれ扁平足が進行し、足に影響を与える場合もあるのです。このほか老化や運動不足による筋力低下や、体重増加による負荷なども、大人の扁平足を引き起こします。

 

「成人期扁平足」の4つの改善方法

成人期扁平足の治療には、主に4つの方法があります。医師の診断に基づいて行うのですが、症状や痛みの有無によっては、複数の方法を組み合わせて治療する場合もあります。

それぞれの改善方法をご紹介します。

足底装具で土踏まずを支える

成人期扁平足の改善において、基本となるのが「足底装具」を活用した方法です。
「足底装具」とはいわゆる靴の中敷きのことで、扁平足用の中敷きで土踏まずを支えてあげることで、症状を緩和させます。扁平足用の中敷きは、土踏まずの部分にクッションが入っており、衝撃を吸収・分散し、足の負担を軽減させているのです。成人期扁平足による痛みがあると、足をかばいながら歩くため、「姿勢が悪くなる」「関節に負担がかかる」など、足以外にも影響を与えてしまいます。足底装具はこれを防ぎつつ、正しい形に矯正して扁平足を改善するのです。

ギプスで固定する

症状や痛みが強い場合は、ギプスで固定して、足の負担を和らげる方法を取ります。成人期扁平足は、体重の増加や立ちっぱなしの仕事など、足に負荷がかかることでも発症します。ギプスで固定し支えることで、足の負担を和らげる訳です。これは症状や痛みが強いときに、一時的に行われることが多い方法でもあります。

痛みは薬で和らげる

痛みがある場合はほかの改善方法と併用して、痛み止めの薬を使うことが多いです。

【成人期扁平足で使われる痛み止めの成分】
・アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)
・NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)

症状や痛みの状態に合わせて、飲み薬や塗り薬、湿布薬の形で処方されます。これらの成分を含んだ痛み止めは、薬局などでも販売されています。

リハビリ・トレーニングを行う

扁平足の痛みや症状がある程度落ち着いている場合は、リハビリや足の筋力を取り戻すトレーニングを行います。

【成人期扁平足のリハビリやトレーニングの内容】
・足指の筋トレ(足指じゃんけん、足指のグーパーを繰り返す運動)
・アキレス腱のストレッチ


足のアーチを支える効果があるため、足指の筋トレを行っておくと、扁平足の予防や改善に役立ちます。
また、扁平足の方はアキレス腱が固くなっていることが多く、ストレッチでほぐしてあげると、痛みや症状の改善効果が期待できます。このほか、体重増加による負荷が原因の場合は、トレーニングやストレッチと並行してダイエットを行う場合もあります。

 

まとめ

外反扁平足になると、足の変形によって、歩行や姿勢に悪い影響が生まれます。症状の進行状態によっては、足底装具だけでなく、靴に補正が必要な場合もあります。そんなときに役立つのが、サスプランニングの補正ハイカットシューズ「サスウォーク」です。サスプランニングの補正ハイカットシューズ「サスウォーク」は、足指の付け根まではき口が開いて簡単に着脱できるうえ、かかとにある補強芯と木型が足をしっかり補強・補正します。

小さい頃からもしくは事故により、装具を付けて生活しなくてはならない方の状態に合わせ、同じデザインで

健足用
SHB装具用(プラ材)
SLB装具用(皮材支柱)

の3種類をご用意しています。

片足のみの販売もしておりますので、ご興味をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

足補正靴、足底板対応靴についてはこちら

関連記事

  • ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。 ダウン症の娘さんをお持ちのお母様から足底板対応靴(補正ハイカットシューズ)についてのご質問をいただきましたので、こちらで紹介します。 私の紹介したコラム「ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方」を読んで問い合わせてくれました。 多くのダウン症のお子様が歩けることで、走れることで、ご自身やご家 […]
  • ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方 ダウン症の症状には個人差はあると思うのですが、足にもダウン症特有の特徴がでているのはご存じでしょうか。 全ての関節や靭帯が緩く、足元では足部関節・膝関節・股間節なども緩く立位・歩行する際、安定性を保ち難いお子さんが多いようです。 ダウン症のお子様に多く見られる歩き方 街を歩いているとダウン症 […]
  • 短下肢装具とは?種類や目的について解説します短下肢装具とは?種類や目的について解説します 装具というのは、事故や病気などで体の動きが制限された時に、その動きを補助または保護、サポートするために装着するものです。 その種類の一つに「短下肢装具」があります。 短下肢装具は文字通り下肢に使う装具で、長さが短いタイプのものです。 別名「足関節装具」とも言います。病院などで、歩 […]
  • ホームページを公開しました。ホームページを公開しました。 ホームページを公開しました。
  • 子供の靴のサイズの選び方は?測り方のポイントも紹介子供の靴のサイズの選び方は?測り方のポイントも紹介 子供の靴を買う時、サイズをしっかり確認せずに以前と同じものを選んだり、大きめのものを選んだりしていませんか。 子供の足はすぐに大きくなるので、買った靴があっという間に履けなくなってしまうケースもよくあります。そんなことがあると、ついサイズが大きめの靴を選んでしまうのですが、子供の靴はきち […]
  • 下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで 左右両方の足に、または、片方だけ下肢装具を着けても、実寸のサイズに比べ、足長・足幅・足囲が大きくなります。特に、足幅・足囲が大きくなりますので一般で販売している靴では足入れ部分が狭く、足囲が浅いため装具を着けた状態で靴を履くのは中々難しいでしょう。 市販靴の中でもベルトデザインの場合は履き口 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop