thoughtsサスプランニングの思い

コラム

外反母趾の原因は何?どんなことに気をつけるべき?

「靴を履いたり歩いたりすると、足の親指が痛む」「親指の付け根がくの字に曲がっている」など、外反母趾に悩んでいませんか?
外反母趾は男性よりも女性に多く見られる症状ですが、その多くが「靴が原因」と思われています。しかし、実際は靴以外にも外反母趾には、さまざまな原因が関係しています。
今回は、放置していると手術を必要とすることもある外反母趾の原因について、詳しく解説します。

外反母趾の原因①:女性の生活スタイル

女性が外反母趾になる原因は、生活スタイルが大きく関係しています。
人によってプライベートや仕事上、ヒールの高い靴を履くこともあるでしょう。ハイヒールはつま先が細い形状をしており、さらにヒールが高くなっているため、足の重心はつま先部分へ集中します。

この体勢が長時間続くと、足指の関節は曲がってしまい外反母趾の原因となるのです。女性の足は男性に比べて足指の関節が柔らかいため、足元を圧迫するような靴を履いていると外反母趾になりやすい傾向があります。

外反母趾はヒールの高さが大きく関係しているので、気をつけてください。

外反母趾の原因②:男性は足の形と遺伝

外反母趾と言えば女性に多い症状ですが、最近は男性も苦しむ人が増えています。男性の場合、女性よりも足指の関節は固く、またヒールの高い靴を履く機会が少ないため、靴による外反母趾の原因はほとんどありません。しかし、外反母趾の原因は足の形と両親の遺伝が関係しているため、男性でも悩みを抱える人がいるのです。男性が外反母趾に悩んだ時は、次のような原因が関係していると考えられます。

・足の前距腓靭帯が緩んでいる
・両親のどちらかが外反母趾

足の甲のアーチを形成する関節の靭帯の緩みは、見た目では判断できません。
そのため、男性の外反母趾は重症化してから判明するケースが多いので、足の親指の付け根部分が変形している時は、早めに対処しましょう。

外反母趾の原因③:筋肉の弱り

ここ最近、外反母趾に悩む人が増えているのは、筋肉の弱りが原因とも考えられています。例えば、移動するために電車やバス、車などを中心に使い、歩いてどこかへ行くことが減っていませんか?
歩く回数が減っているため、昔に比べて土踏まずのない扁平足や、足の指の付け根が横に広がる(アーチ状の形が崩れる)開張足が増えています。

外反母趾の原因④:歩き方にクセがある

外反母趾は、足の裏全体を地面に付けずに歩くことが原因でもあります。
自分の歩き方のクセは気づかないため、知らず知らずのうちに外反母趾を作っている可能性があります。靴底が次のように減っている人は、外反母趾に注意が必要な歩き方をしているかもしれません。

・かかとが減っている
・靴の外側のつま先が擦れている
・靴の内側だけ減っている(内股)
・靴の外側だけ減っている(がに股)

歩き方のクセが要因になることもあるので、日頃の歩き方にも気をつけましょう。

外反母趾の原因⑤:靴の選び方が間違っている

外反母趾は女性の方が圧倒的に多く、男性の比率は10分の1と言われています。しかし、男女関係なく外反母趾に悩まされる人は増えているのは事実で、その原因は足の方に合わない間違った靴の選び方です。とくに女性に多いのが、エジプト型と言われる足の形です。

エジプト型は、足の指の中で親指が最も長く、小指に向かって短くなっていく形。日本人に最も多い形と言われています。親指が一番長いことから、靴を履き歩いているうちに自然と外側に傾き、外反母趾になりやすい傾向があります。
靴選びはデザイン重視ではなく、フィッティングした時の圧迫感がないか、確認することが大切です。

外反母趾にならないための注意点

外反母趾の原因を知った上で、これから症状が悪化しないためにも毎日少しずつ改善していきましょう。外反母趾にならないために、3つのポイントをご紹介します。

①足指の運動をする

外反母趾の原因は、足指の関節と筋肉の弱りです。足指の関節は、ストレッチすることで柔軟性を高められます。まず、片手で足指をつかみ、足指の付け根部分をくるくると回しましょう。外回しと内回しを各20回ずつ行うだけです。
足指の筋肉を鍛えるためには、足指じゃんけんがおすすめです。
足の指を使ってグーとパーの動きを各20回ずつ行うだけで、足指の筋肉や靭帯が引き締まり、外反母趾の対策ができます。

②正しい歩き方を意識する

外反母趾にならない歩き方は、足の裏全体で地面を蹴り上げる状態です。足の親指、小指の付け根、かかとの3点が同時に地面に着地するように意識して歩くことで、内股やがに股といった歩き方のクセを解消できます。

③正しい靴の選び方を知る

外反母趾になる大きな原因は、靴です。ヒールの高さだけではなく、靴をフィッティングする時は、4つのポイントを確認してください。また、靴のフィッティングは、足がむくんでいる時間帯(午後)がおすすめです。

1.靴を履いたらかかとに合わせ、つま先が1cmほど余るようにする
2.靴の中で足指が自由に動かせるか確認
3.歩いた時につま先が窮屈ではないか確認

ヒールの高い靴を選ぶ時は、「ヒールは太め」「ヒールの高さは5cm程度」「つま先がスクエア型」のタイプを積極的に選びましょう。

まとめ|外反母趾になる前に原因を追求しよう

外反母趾は症状が悪化すると、整形外科で手術が必要です。原因を知らず普段と変わらない歩き方や靴の選び方をしていると、取り返しのつかないことになるでしょう。
外反母趾になる前に原因を追求し、症状が悪くならないように日頃から気をつけることが大切です。

 

→サスプランニングの補正ハイカットシューズについてはこちら

 

関連記事

  • 短下肢装具とは?種類や目的について解説します短下肢装具とは?種類や目的について解説します 装具というのは、事故や病気などで体の動きが制限された時に、その動きを補助または保護、サポートするために装着するものです。 その種類の一つに「短下肢装具」があります。 短下肢装具は文字通り下肢に使う装具で、長さが短いタイプのものです。 別名「足関節装具」とも言います。病院などで、歩 […]
  • ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方 ダウン症の症状には個人差はあると思うのですが、足にもダウン症特有の特徴がでているのはご存じでしょうか。 全ての関節や靭帯が緩く、足元では足部関節・膝関節・股間節なども緩く立位・歩行する際、安定性を保ち難いお子さんが多いようです。 ダウン症のお子様に多く見られる歩き方 街を歩いているとダウン症 […]
  • 子供の靴のサイズの選び方は?測り方のポイントも紹介子供の靴のサイズの選び方は?測り方のポイントも紹介 子供の靴を買う時、サイズをしっかり確認せずに以前と同じものを選んだり、大きめのものを選んだりしていませんか。 子供の足はすぐに大きくなるので、買った靴があっという間に履けなくなってしまうケースもよくあります。そんなことがあると、ついサイズが大きめの靴を選んでしまうのですが、子供の靴はきち […]
  • 下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで 左右両方の足に、または、片方だけ下肢装具を着けても、実寸のサイズに比べ、足長・足幅・足囲が大きくなります。特に、足幅・足囲が大きくなりますので一般で販売している靴では足入れ部分が狭く、足囲が浅いため装具を着けた状態で靴を履くのは中々難しいでしょう。 市販靴の中でもベルトデザインの場合は履き口 […]
  • 装具用カバーシューズを手に入れよう。靴の色やデザインを選べるってご存知ですか?装具用カバーシューズを手に入れよう。靴の色やデザインを選べるってご存知ですか? 20年前は装具用カバーシューズを手に入れるのには、本人の意思に関わらず装具業者さんにお任せでした。 今は、一般の靴と同様にネットから好きな色や好きなデザインを選び、お求めいただける靴になっています。 装具用カバーシューズとは 身体に障がいがあって下半身に装具を着けないと自立歩行ができ […]
  • 扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック!扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック! 足のアーチがない、土踏まずがない状態、つまり立った時に足の裏全体が地面についている、そういう足を扁平足と言います。本来は、足の裏にはアーチ、土踏まずができるはずなのですが、これがない状態です。 扁平足は生まれつきの場合もあれば、大人になってから扁平足になってしまう人もいて、痛みを伴う場合 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop