thoughtsサスプランニングの思い

コラム

子供の靴のサイズの選び方は?測り方のポイントも紹介

子供の靴を買う時、サイズをしっかり確認せずに以前と同じものを選んだり、大きめのものを選んだりしていませんか。
子供の足はすぐに大きくなるので、買った靴があっという間に履けなくなってしまうケースもよくあります。そんなことがあると、ついサイズが大きめの靴を選んでしまうのですが、子供の靴はきちんとサイズを測って買うことがとても重要なのです。特に歩き始めから3歳くらいまでは、足のサイズに合わせて合った靴を履くことが大切。
ここでは、子供の靴を購入する時のポイントや、サイズの測り方などを紹介します。

子供の足や靴について知っておきたいポイント

子供の足は、3歳くらいまでめまぐるしく成長していきますよね。
「この前買ったばかりなのにもうきつい」ということはよくあります。
そして、よちよち歩きから、どんどん歩くようになると、足の筋肉も発達します。

足は体を支えバランスを保つ大切な場所ですから、靴のサイズが合っていないと、その成長にも支障が出る可能性があります。もちろん大人でも靴選びは大切なのですが、子供の場合には、成長の段階で体が作られていくので、さらに入念なチェックが必要なのです。

子供の年齢に沿った靴選びは大切ですが、年齢通りの足の大きさになるかというと、必ずしもそうではありません。同じ年齢でも体の発育が違うように、足のサイズも全く違います。
「他のお子さんと同じ年齢だから、サイズも同じでいい」というのではなく、あくまでもお子さんの足に合った靴を選ぶことがポイントです。

子供靴のサイズと選び方

子供の足は年齢とともに成長していきます。
よちよち歩き、とことこ歩き、走る、跳ぶなどの動きが加わる頃、それぞれで履く靴は変わってくるはずです。

よちよち歩き(1歳前後)の年齢は、立った姿勢で足にフィットするものが最適。素材はできるだけ柔らかいものを選び、足首のくびれまでの深さがあるタイプがおすすめです。まだ骨や関節が柔らかい年齢ですから、靴の素材が固すぎると足の成長を妨げてしまいます。こまめにサイズを測って常に足にフィットするものを選びましょう。
さらに、とことこ歩きをする1~2歳では、運動量が増えるので通気性の良いものがピッタリです。
足にフィットして脱げにくい靴が理想で、滑りにくいゴム底がいいですね。

走る・跳ぶなどの動作が加わる年齢になると、土踏まずの形成も始まりますから、足にフィットして動きやすい靴が重要です。何でも自分でやりたくなる年齢でもありますから、着脱がしやすい構造も重要でしょう。サイズの合わない靴を履いていると、足の変形や姿勢の悪さを作る原因になりますから、こまめなサイズチェックをお忘れなく。

どの年齢でも同じですが、靴を履いた時に中で自由に指が動かせる余裕があることも大切なことです。
サイズが大きければいいというのではなく、かかとがフィットした状態で、指先に7∼10mmの余裕があるものがおすすめです。

子供靴のサイズの目安

年齢ごとの子供靴のサイズの目安を紹介します。

・新生児~6カ月:8~11cm
・6カ月~1歳:9~12cm
・1歳~2歳:11~14cm
・2歳~3歳:13~15cm
・3歳~4歳:14~16cm
・5歳~6歳:17~18cm
・7歳~8歳:19~20cm
・9歳~10歳:21~22cm
・11歳~12歳:22~24cm

あくまでも目安です。子供の足の幅などによって、合うサイズは異なります。

子供の靴のサイズの測り方

子供の足にフィットする靴を選ぶためには、子供の足のサイズを知っておく必要があります。
ちなみに、赤ちゃんの靴を販売しているメーカーが、足のサイズを測るためのスケールをWebサイトにアップしているケースもありますので、使用すると便利です。
もちろん、こうしたスケールを使わずに測ることも可能です。

自宅で足のサイズを測る方法

自宅で、足のサイズを測る場合、かかとからつま先の一番飛び出ているところまでの長さを測ります。

手順

1.子供の足より大きい紙を用意して、下の方に横線を引く。
2.横線の真ん中から上に、垂直の縦線を引く。
3.線が交わった部分に、子供のかかと(一番出ている部分)を合わせる。
※垂直な壁や、分厚い本などにかかとをつけてまっすぐになるようにします。
4.縦線の上に足の人差し指が乗るように、足の位置を調整する。
5.足つま先の先端(一番出ている部分)に印をつけ、下の線と並行になるように線を引く。
6.下線からつま先の線までの長さを測る=足の実寸。
※計測する時は、子供を立たせて測ること。

足の実寸を調べたらその長さから0.5~1cm程度大きなサイズの靴を選びましょう。
もちろん、実際に試着して足にフィットしているか、履き心地はどうかなどもチェックして下さいね。
なかなか自分では測れないという場合には、シューフィッターがいる靴屋に行くと、サイズをしっかりと測ってもらえます。

子供の靴は中敷きでサイズ調整してもいいの?

「子供の靴を知人や親せきからプレゼントしてもらったけど、少し大きかった」ということもよくあります。
中敷きを使えばサイズ調整ができるため、中敷きを入れて履こうと考える方もいると思いますが、これはちょっとおすすめできません。中敷きを使うと、かかとの履き口が浅くなってしまって、靴が脱げやすくなってしまいます。これは大人でも経験がありませんか?

動いている時に靴が脱げてしまうと、子供の場合には怪我をしやすいですし、とても危険ですよね。合わない靴のサイズ調整をするのは、子供の靴に関しては避けたほうが無難です。
大きめのサイズの靴をいただいた場合には、すぐに使わず足の成長を待ちましょう。

まとめ

子供の靴は成長に合わせたものを使うのが理想です。
そのためには、年齢に沿ったサイズ選びも重要ですが、実際に履いてみて足に合っているかどうか確認することがポイント。かかとがフィットした状態で指が自由に動く靴(もちろん大きすぎないこと) がベストです。

合わない靴は、子供の成長を妨げる原因になりますし、扁平足になってしまう可能性もあります。
子供の足サイズをしっかり測ること、サイズの変化に敏感であることで、いつも気持ちよく子供が靴を履いて動き回ることができます。

偏平足や、外反偏平足でお悩みのお子様へ、おすすめの補正靴

●サスウォーク補正ハイカットシューズ
https://sass.jp/SHOP/SW-41La.html

●装具用カバーシューズ ミドルタイプ
https://sass.jp/SHOP/SW-002K.html

>補正ハイカットシューズについてはこちら

関連記事

  • 足底板の効果とは?作り方や保険利用についても解説します足底板の効果とは?作り方や保険利用についても解説します 足にはアーチがあることをご存知ですか? 足の裏の土踏まずをはじめ、足は複数のアーチで構成されています。足のアーチが崩れていると「足が疲れやすい」「足だけでなくひざや腰が痛む」など、生活に支障が出るようになります。 扁平足(へんぺいそく)はアーチが崩れている状態のひとつですが、遺伝的 […]
  • 装具との出会い~サスウォーク誕生秘話~装具との出会い~サスウォーク誕生秘話~ 装具とは 装具とは、身体の機能が低下したり、失われたりした際に、その機能を補ったり、サポートするために装着するものです。装具には主に、上肢装具、下肢装具、体幹装具等があります。装具は自立歩行が出来ない方にはとても大切な身体の一部です。 装具のデメリット 装具を着ける事で私生活においての支 […]
  • ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。 ダウン症の娘さんをお持ちのお母様から足底板対応靴(補正ハイカットシューズ)についてのご質問をいただきましたので、こちらで紹介します。 私の紹介したコラム「ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方」を読んで問い合わせてくれました。 多くのダウン症のお子様が歩けることで、走れることで、ご自身やご家 […]
  • 足のアーチは重要!?復活させる方法はある?足のアーチは重要!?復活させる方法はある? 「足のアーチ」と聞いてもよく分からないという人も多いのではないでしょうか。 足の裏には土踏まずがあり、アーチ状になっています。中には土踏まずがあまり無く、扁平足という人もいるかもしれませんが、足は歩行しやすいようにアーチ状になっているのです。しかし、足のアーチじゃ生活習慣などによってなく […]
  • 外反母趾の原因は何?どんなことに気をつけるべき?外反母趾の原因は何?どんなことに気をつけるべき? 「靴を履いたり歩いたりすると、足の親指が痛む」「親指の付け根がくの字に曲がっている」など、外反母趾に悩んでいませんか? 外反母趾は男性よりも女性に多く見られる症状ですが、その多くが「靴が原因」と思われています。しかし、実際は靴以外にも外反母趾には、さまざまな原因が関係しています。 今回 […]
  • かかとが靴擦れで痛い!原因や応急処置の方法を紹介かかとが靴擦れで痛い!原因や応急処置の方法を紹介 新しい靴を履くと、起こりやすいのがかかとの靴擦れ。 「足が靴に慣れてくれば大丈夫かもしれない」と我慢している人もいますが、実は我慢をしていても治る可能性は低いことをご存知ですか? しかも、靴擦れをそのままにしていると、歩き方にも支障が出てしまうかもしれません。 今回は、そんなかかとの靴擦れの […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop