');

thoughtsサスプランニングの思い

コラム

短下肢装具とは?種類や目的について解説します

装具というのは、事故や病気などで体の動きが制限された時に、その動きを補助または保護、サポートするために装着するものです。
その種類の一つに「短下肢装具」があります。

短下肢装具は文字通り下肢に使う装具で、長さが短いタイプのものです。
別名「足関節装具」とも言います。病院などで、歩行訓練をしている人が使っているところを目にしたことはありませんか。

今回はこの短下肢装具について、種類や使い方保険適用の有無などをお話ししましょう。

短下肢装具とは?目的は何?

短下肢装具は、主にひざから下の関節を補助して、歩行などのサポートをするためのものです。脳血管障害などで、下肢の麻痺がある場合、歩行に支障が出ますが、こうした短下肢装具を使うことで歩く距離を延ばすことができます。

病院に入院中、リハビリで短下肢装具などを使い、歩行練習をしていますよね。
短下肢装具を使うことで歩くことが可能になるわけではありませんが、麻痺した足に体重がかかる負担を軽くすることができます。
また、足が麻痺してしまうと、つま先が変形する尖足や、関節が固くなって伸縮ができなくなる拘縮などの予防も、短下肢装具を使う目的です。
もちろん、麻痺の範囲によっては、ひざ下よりも短い範囲の下肢装具を用いることもあります。そのあたりは専門家が判断するのでお任せしましょう。

短下肢装具の種類にはどんなものがある?

短下肢装具は、大きく分けてプラスチック製と金属製の2種類に分けられます。
プラスチック製の短下肢装具は、軽量なので装着しやすいのが特徴です。また、麻痺の範囲や程度によって、ひざ下から足をサポートするタイプと、足首をサポートするタイプにも分けられます。

金属製の短下肢装具は支柱が金属製ですから、ホールド力が高く、重量感があります。歩行練習の際に安定感はありますが、装具自体は重くなってしまうので、慣れるまで装着しにくさを感じやすいかもしれません。

短下肢装具の使い方と注意点

短下肢装具は、プラスチック製や金属製がありますが、どちらも使用する際の注意点があります。
使い方としては、装着の際に、足底部分をしっかりと装具に固定して、そのあとベルトなどで下肢を固定させます。
適当に足を合わせて装着すると、装具の中で足が動いてしまうことが考えられます。

また、短下肢装具に限ったことではありませんが、こうした装具の装着は、意外にわずらわしいと感じる人が多いのです。
特に、脳血管障害などで短下肢装具を装着しなければならない高齢者は、装着自体が面倒になって、装着するのをやめてしまうことがあります。

短下肢装具をつけなくても動くことができるからだとは思いますが、それではしっかりした歩行ができませんし、ひざ下の変形や転倒などの危険性も高くなるのです。ですから、短下肢装具は「正しく装着すること」と「使い続けること」が重要。そして、自分の足に合った装具を使うことも大切です。

一度短下肢装具を作ってしまえば、それをずっと使い続けられると思い込むのは危険。足のサイズや太さは変わりますから、短下肢装具を使い続けていて違和感が出てきたら、サイズ調整をしましょう。常に足に合った状態になるようにしておくことが、足にかかる負担を少なくするポイントですよ。

短下肢装具は保険適用できる?

短下肢装具は、専門の技師にお願いして作成してもらうのがベストです。
適当なサイズを選んでしまうと、短下肢装具の効果は得られません。でも「装具は高いのでは?」と思う人も少なくありません。
装具は決して安いとは言えませんが、全額自己負担するというわけではないのです。

まず、短下肢装具は、医師が診察をし、必要と判断した段階で着用できます。医師の判断によって技師装具士が装具を製作するのです。
実際に足に装着した際には、理学療法士が関わって状態をチェック、調整します。

費用は一旦全額負担になりますが、申請をすると自己負担額を差し引いた額が返還されます。自己負担額は1~3割ですから、9~7割は手元に戻ってくるわけです。
費用に関しては、使用する人によって変わってくるので、そのあたりは担当の理学療法士などに聞いておくと安心ですよ。

まとめ

短下肢装具は、動きが制限された下肢の働きをサポートするための装具。大切な体の一部と言ってもいいでしょう。
最近では、いろいろな種類の短下肢装具が開発されて、麻痺の程度や関節の制限の範囲など、細かなところまでサポートできるものが多くなっています。
短下肢装具の選択肢も増えてきているので、実際に使う場合には担当の理学療法士とよく相談しましょう。
使いやすさと機能面、どちらも大切ですから、専門家の知識をどんどん借りて、自分に合った短下肢装具を使うことをおすすめします。

 

→サスプランニングの装具対応靴についてはこちら

 

関連記事

  • 足底板対応靴でも履きやすい履かせやすい補正ハイカットシューズ足底板対応靴でも履きやすい履かせやすい補正ハイカットシューズ 足底板対応靴は履きずらいというのが一般的。サスウォークの補正ハイカットシューズは、そんなお悩みやお声に応えるべく、履きやすい履かせやすい足底板対応靴として誕生しました。そんなサスウォークの補正ハイカットシューズについてご紹介いたします。 補正用ハイカットシューズの機能と特徴 サスウォー […]
  • リハビリシューズとはどんなもの?リハビリシューズとはどんなもの? リハビリシューズとはどんな靴なのかご存知ですか。 病気やケガ、高齢により足が不自由になってしまった時、一般的な靴より歩きやすく設計されているリハビリシューズが利用されています。 今回はリハビリシューズについて詳しくご紹介します。 リハビリシューズってどんな靴? リハビリシューズは一 […]
  • 扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック!扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック! 足のアーチがない、土踏まずがない状態、つまり立った時に足の裏全体が地面についている、そういう足を扁平足と言います。本来は、足の裏にはアーチ、土踏まずができるはずなのですが、これがない状態です。 扁平足は生まれつきの場合もあれば、大人になってから扁平足になってしまう人もいて、痛みを伴う場合 […]
  • 下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで 左右両方の足に、または、片方だけ下肢装具を着けても、実寸のサイズに比べ、足長・足幅・足囲が大きくなります。特に、足幅・足囲が大きくなりますので一般で販売している靴では足入れ部分が狭く、足囲が浅いため装具を着けた状態で靴を履くのは中々難しいでしょう。 市販靴の中でもベルトデザインの場合は履き口 […]
  • ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方 ダウン症の症状には個人差はあると思うのですが、足にもダウン症特有の特徴がでているのはご存じでしょうか。 全ての関節や靭帯が緩く、足元では足部関節・膝関節・股間節なども緩く立位・歩行する際、安定性を保ち難いお子さんが多いようです。 ダウン症のお子様に多く見られる歩き方 街を歩いているとダウン症 […]
  • 下垂足とは?原因や装具について解説下垂足とは?原因や装具について解説 下垂足(かすいそく)という言葉をご存知でしょうか。下垂足は、足関節運動に対して麻痺が生じている状態のこと。 かかとを軸につま先だけを上げる(背屈)ができなくなってしまうため、歩行にも影響が出ます。 今回は、下垂足の原因や症状、改善のために使われる装具などについてお話ししていきましょう。 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop