');

thoughtsサスプランニングの思い

足底板対応靴

足底板対応靴でも履きやすい履かせやすい補正ハイカットシューズ

足底板対応靴は履きずらいというのが一般的。サスウォークの補正ハイカットシューズは、そんなお悩みやお声に応えるべく、履きやすい履かせやすい足底板対応靴として誕生しました。そんなサスウォークの補正ハイカットシューズについてご紹介いたします。

補正ハイカットシューズ

補正用ハイカットシューズの機能と特徴

サスウォークハイカットシューズを履くと足もとが安定する理由!

ハイカットシューズの特徴は足首まで靴丈があって足もとを支え易く、立位・歩行等が比較的安定し易いことでハイカットシューズを薦める整形のドクターや理学療法士の先生方が多くおられます。
一般のハイカットシューズは、不特定多数のお子さんが履けるように足首からカカト周辺の寸法に余裕を設け大きく(広く)します。
障がいをお持ちのお子様の脚(足)は比較的細身のお子様が多く、靴の高さが足首まであるハイカットシューズでも、靴のなかで足もとがズレてしまいちゃんとした補正(矯正)ができません。
サスウォーク補正用ハイカットシューズは、脚(足)が比較的細身の不特定少数のお子様に、足もとが靴の中でズレないよう足首からカカト周辺の寸法の余裕を最上限に絞りました。

履かせやすい、履きやすい足底板対応靴の仕組み

成長期のお子さんや、特に、障がいのあるお子さんの足もとの補正にハイカットシューズが安定して良いと分かっていても敬遠されます。

ハイカットシューズは足首まであって履きずらい。踵を潰せないから脱ぎ履きが面倒。
靴内部で足を固定するベルト(ひも)が沢山着いているから外したり緩めるのが面倒。
足首まで締め付けられるから歩き難い。等々・・
大人の方でも面倒くさい!と思われる方も多く、小さなお子さんは尚更です。

サスウォーク補正用ハイカットシューズには、品番:SW-41L(エル)タイプ・SW-420N(エヌ)タイプの2種類ございます。
両タイプとも、履き口のところが指付け根が見えるぐらい大きく開きます。
特に、足底板をご使用のお子様は、足入れする際、足底板のアーチの盛上った部分に引っかかって足入れがしずらく窮屈になるところも、指付け根が見えるぐらい大きく開きますので、小さいお子様でも脱ぎ履きがとても簡単です。

補正ハイカットシューズ

靴内部で足もとを固定し易いベルトはデザインも兼ね採用しました。
品番:SW-41L(エル)タイプと、SW-420N(エヌ)タイプの違いはベルト仕様も異なりますが、
SW-41L(エル)タイプは、足底板の厚みを考慮しSW-420N(エヌ)タイプに比べ、靴内部は深くなっております。

足底板をご使用になられずに脚(足)が比較的細身と思われるお子様には品番:SW-420N(エヌ)タイプを薦めします。

両タイプとも、甲部のベルトは靴内部で足もとがズレないようしっかり締めて固定してください。足首のベルトにつきましては大人の人差し指一本分が入れられるように余裕をもって締めていただくと足首の圧迫感は無くなります。

サスウォークが選ばれる理由

一般で売られております不特定多数のお子さんの脚(足)に支障が出ないようにフィットできて機械生産で大量に作るのとも異なり、靴職人が決められた規格サイズを一足一足を手作りで作っております。 サスウォークシューズは、主に身体の障害などで比較的脚(足)が細身のお子さんにフィットし易い様に不特定少数のお子様の足に合うよう独自の木型(ラスト)を開発して作っております。

また、上海に拠点を置き自社(サス製作所)でサスウォークシューズだけを作っておりますのでお客様方のご意見を基に必要に応じて直ぐに改良も加えられます。
コンピュータで例えますと、靴は[ハードウェア]、お客様から頂いた大切なご意見と私たちの経験・技術が[ソフトウェア]とが一体になって商品化されたのがサスウォークシューズです。

 

サスウォーク補正用ハイカットシューズ子供用SW-41L(エル)タイプはこちら

サスウォーク補正用ハイカットシューズ子供用SW-420N(エヌ)タイプはこちら

 

関連記事

  • ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。 ダウン症の娘さんをお持ちのお母様から足底板対応靴(補正ハイカットシューズ)についてのご質問をいただきましたので、こちらで紹介します。 私の紹介したコラム「ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方」を読んで問い合わせてくれました。 多くのダウン症のお子様が歩けることで、走れることで、ご自身やご家 […]
  • 足のアーチは重要!?復活させる方法はある?足のアーチは重要!?復活させる方法はある? 「足のアーチ」と聞いてもよく分からないという人も多いのではないでしょうか。 足の裏には土踏まずがあり、アーチ状になっています。中には土踏まずがあまり無く、扁平足という人もいるかもしれませんが、足は歩行しやすいようにアーチ状になっているのです。しかし、足のアーチじゃ生活習慣などによってなく […]
  • 下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで下肢装具をつけても履ける靴。子供から大人まで 左右両方の足に、または、片方だけ下肢装具を着けても、実寸のサイズに比べ、足長・足幅・足囲が大きくなります。特に、足幅・足囲が大きくなりますので一般で販売している靴では足入れ部分が狭く、足囲が浅いため装具を着けた状態で靴を履くのは中々難しいでしょう。 市販靴の中でもベルトデザインの場合は履き口 […]
  • リハビリシューズとはどんなもの?リハビリシューズとはどんなもの? リハビリシューズとはどんな靴なのかご存知ですか。 病気やケガ、高齢により足が不自由になってしまった時、一般的な靴より歩きやすく設計されているリハビリシューズが利用されています。 今回はリハビリシューズについて詳しくご紹介します。 リハビリシューズってどんな靴? リハビリシューズは一 […]
  • 外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック 外反母趾は、足の親指が何らかの原因で変形してしまうのが特徴です。 そのままにしていると、痛みが出て歩行などに支障が出るなど、歩行や日常生活に支障を及ぼすことがあります。 成人の約30%にその症状が認められているとのことで、身近な足のトラブルのひとつと言えるでしょう。 ここでは、そんな外反母趾 […]
  • 扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック!扁平足(へんぺいそく)とは?痛みの原因や改善法をチェック! 足のアーチがない、土踏まずがない状態、つまり立った時に足の裏全体が地面についている、そういう足を扁平足と言います。本来は、足の裏にはアーチ、土踏まずができるはずなのですが、これがない状態です。 扁平足は生まれつきの場合もあれば、大人になってから扁平足になってしまう人もいて、痛みを伴う場合 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop