');

thoughtsサスプランニングの思い

足底板対応靴

ダウン症のお子様のお母様から足底板対応靴についてお声をいただきました。

ダウン症の娘さんをお持ちのお母様から足底板対応靴(補正ハイカットシューズ)についてのご質問をいただきましたので、こちらで紹介します。
私の紹介したコラム「ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方」を読んで問い合わせてくれました。
多くのダウン症のお子様が歩けることで、走れることで、ご自身やご家族の方の『心』と『体』の健康に大きな一歩になりますことを願っております。

ダウン症のお子様のお母様のご質問

私の娘がダウン症で、おっしゃる通り足の状態が普通ではなかったし、歩行もそうでした。
足の負担を軽減させてあげたかったので、ネットで調べてみましたら、サスウォークに辿り着きました。
もっと早くサスウォークのこと知ってればよかったと残念に思いました。
娘は17歳ですが、改善にはなれましょうか?

お答え

[サスウォーク ショップ]担当の新井です。

今からでも大丈夫ですよ!

お嬢様の成長とともに体重も増えます。
体重が増えますと足もとのアーチ形状は更に潰れて(落ちて)しまいます。
※アーチ/縦アーチ(土踏まず)横アーチ(親指付け根から小指付け根まで)等

ハイカットシューズで足もとを補正するだけで歩行が楽になります。
また、足底板を使用することで足もとの負荷が軽減され今までと違う感覚で長い距離も歩ける様になると思います。
ただし、最初は慣れない為、足を締め付けられた感じで違和感を感じるかもしれません。

足底板をご使用になられますと、足裏からふくらはぎ部分に今まで眠っていた神経が刺激され疲労感の様な軽い痛みを感じます。
1週間ぐらいで疲労感などは無くなりますが、最初は無理せずに疲労感を感じたら足底板を外して徐々に慣らしながらご使用ください。

一週間経過しても足底板を入れて足裏に痛みを感じる様でしたらご相談ください。
いつでも、お待ちしております。

>補正ハイカットシューズについてはこちら

>ダウン症の子供におすすめしたい靴の選び方コラム記事はこちら

関連記事

  • ダウン症の人が大人になると生活はどう変化するの?ダウン症の人が大人になると生活はどう変化するの? 「ダウン症の人が大人になったら、生活はしていけるのか」「社会になじむことが可能なのか」と思う人が多いかもしれません。 医学の進歩に伴って、以前は短命といわれていたダウン症の人が、平均寿命が約60歳まで上がっています。 つまり、大人になるまで生活することができるようになっているのです。 そ […]
  • 装具との出会い~サスウォーク誕生秘話~装具との出会い~サスウォーク誕生秘話~ 装具とは 装具とは、身体の機能が低下したり、失われたりした際に、その機能を補ったり、サポートするために装着するものです。装具には主に、上肢装具、下肢装具、体幹装具等があります。装具は自立歩行が出来ない方にはとても大切な身体の一部です。 装具のデメリット 装具を着ける事で私生活においての支 […]
  • ホームページを公開しました。ホームページを公開しました。 ホームページを公開しました。
  • 外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック外反母趾を防止するには?外反母趾の原因もチェック 外反母趾は、足の親指が何らかの原因で変形してしまうのが特徴です。 そのままにしていると、痛みが出て歩行などに支障が出るなど、歩行や日常生活に支障を及ぼすことがあります。 成人の約30%にその症状が認められているとのことで、身近な足のトラブルのひとつと言えるでしょう。 ここでは、そんな外反母趾 […]
  • 短下肢装具とは?種類や目的について解説します短下肢装具とは?種類や目的について解説します 装具というのは、事故や病気などで体の動きが制限された時に、その動きを補助または保護、サポートするために装着するものです。 その種類の一つに「短下肢装具」があります。 短下肢装具は文字通り下肢に使う装具で、長さが短いタイプのものです。 別名「足関節装具」とも言います。病院などで、歩 […]
  • 足底板の効果とは?作り方や保険利用についても解説します足底板の効果とは?作り方や保険利用についても解説します 足にはアーチがあることをご存知ですか? 足の裏の土踏まずをはじめ、足は複数のアーチで構成されています。足のアーチが崩れていると「足が疲れやすい」「足だけでなくひざや腰が痛む」など、生活に支障が出るようになります。 扁平足(へんぺいそく)はアーチが崩れている状態のひとつですが、遺伝的 […]

補正ハイカットシューズ・装具対応靴についてお問い合わせはこちら

pagetop